こんにちは!
大学に入学して、良くも悪くも大学生活に慣れてきたそこの1年生!「そろそろお金も無くなってきたし、サークルでお金使うし、旅行もいきたいし、アルバイトでも始めようかな。」と思っているのではないでしょうか。または、「今のアルバイト面白くないし、もっと他のことがしたいなぁ。」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこでおすすめしたいのが、「インターンシップ」です。耳慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言えば、学生のうちから企業で働き、報酬をもらう体系のことです。今回は、1年生でもアルバイトではなく、インターンを始めるべき理由をご紹介いたします!

■早くから社会を知ることで、周りに差をつける!
「アルバイトは社会経験」とはよく言いますが、インターンをすればそれよりさらに濃い社会経験が出来ます。なぜなら、バイトは誰でもできるような仕事の繰り返しであるのに対して、インターンではビジネスマンと一緒に働き、結果を出せば出すほど裁量が大きくなり、よりビジネスに近いことを任せてもらえるからです。

大学1年生から4年間、こうした経験を積み重ねていけば、卒業する際、同期の学生に大きく差をつけることが出来るでしょう!
いかがでしょうか。今回のみならず、次回も大学1年生に向けて、インターンのメリットをお伝えします!ぜひお見逃しの無いようにしてください!