こんにちは!
大学生の皆さん、あなたはコミュニケーション能力、すなわちコミュ力に自信がありますか?
自信がある!という方も、少し自信がない…という方にもぜひお読みいただきたいのが今回の記事です。今回からは「営業インターンシップ」の概要や特徴からメリット、得られるスキルなどを詳しく見ていきたいと思います!

これからインターンを始めようと考えている方も、そうでない方もぜひご一読ください!
■会社の核、それが“営業”
みなさんは「営業」と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?
最初に浮かんでくるのは、外回り、テレアポなどという比較的「キツい」というイメージかもしれません。しかし、どんなにいい商品やサービスを作っても営業によってお客さんの手にモノを届けなければまったく意味がありません。そういった意味で「営業」というのは会社に不可欠な人材であり、多くの会社が人員を求めるため、「営業インターンシップ」というものが数多く存在するのです。

■大きく分けて2種類の営業
一口に営業といってもそこにはさまざまな種類があります。今回は、「営業をする相手」という観点で営業を2つに分けたいと思います。
ひとつは、法人(企業)向けの営業です。これは自社の商品やサービスを他社に買ってもらうための営業となります。一般にBtoBと呼ばれるもので、比較的規模の大きい商談をすることになります。
もう一方は、お客様個人に直接商品を売り込む営業です。これはBtoCと呼ばれるもので、地道ではありますが、コミュニケーションと会話能力を求められるやりがいのある営業です。
いかがでしょうか。営業の概要や、会社での重要性をご理解いただけたでしょうか。みなさんもこういったインターンに興味を引かれたら、ぜひ一度この環境に飛び込んでみてください!