こんにちは!
前回は、「営業インターンシップ」の概要や重要性についてお話させていただきました。
さて今回は、営業の“方法”に焦点を当てて、どのような営業インターンシップが存在するのか、というお話をさせていただきたいと思います。ぜひ、インターン選びの参考にしてくださいね!
■3週類の営業方法
営業には大きく分けて、訪問営業、電話営業、メール営業の3つの方法があります。
一般的な営業のイメージである、外をひたすら歩いて各地を回る、というものだけなのではないのですね。
しかし、実際の商談というものは面と向かって話さないと伝わらない部分も多くあります。そういった点で、電話やメールのみで終わることはあまりなく、その2つを手段として、対面のアポイントメントを取っていくというゴールに行き着くことが多いです。

■戦略的な営業
上記からもわかるように、ただ体力と足を使ってもうまくいかないのが営業の醍醐味です。
ですから、営業に必要なことは、「商品の何を売り出すのか。」「どのような層をターゲットとするのか。」などをしっかりと明確にし、それに基づいて戦略と構想を練って最適なアプローチ方法をとる、というきわめて思考力を必要とすることなのです。営業を学ぶ際にはこうした戦略的思考も学べるのですね!
いかがでしょうか。
大まかな営業の種類、およびその高い戦略性や醍醐味を理解していただけたでしょうか。もし、こういった仕事に興味がおありでしたら、いますぐ営業インターンシップを検索してみてください!