こんにちは!
前回は、営業インターンシップをやるメリットとして、「企業や社会のことを学べる」という点をご紹介しました。法人営業を通して、こうしたことを学びたくなった方がいらっしゃれば幸いです。
さて今回は、また別のメリットである「マーケット感覚が身につく」という点をご紹介したいと思います。「マーケティング」という言葉に詳しくない方も、内容は簡単なものとなっていますので、是非ご覧ください!
■何が売れるのか?
ここで言う「マーケット感覚」とは、「市場で何が売れ、何が売れないのか」を理解できる能力のことを指します。
営業を続けていくと、「この商品は、ここを売り出せば売れる」「このサービスは、こういった会社に需要がある」というようなポイントが分かるようになってきます。
これは、将来就職してからどんな部署に入っても大活躍するスキルです。というのも、こういった感覚は、営業をかけていく商品に限らず、自分という人間や、自分が勤める会社にも応用できるからです。
つまり、「自分のこのような部分は評価される」「自社のこの部分は市場で通用する」ということを把握できるようになることで、先の行動が執りやすくなり、競合を出し抜くことが出来るのです。
皆さんも、営業を通してこういったスキルを学んでみたくはありませんか?

いかがでしたか。こうした感覚は、日常の学生生活では中々意識することは出来ません。是非、インターンシップを通して学び、将来の糧にしましょう!