食品業界とは?

食品業界は、

加工前の原材料となる食品などを製造し、加工食品や飲料などとして販売するメーカーなどを指します。

主に食料品製造業と飲料・たばこ・飼料製造業の二つに分けられて、清涼飲料水やお菓子、レトルトなどの加工食品などを製造している大手メーカーを中心に40以上に分類されています。

製造や販売だけではなく、衛生管理や食品表示などの法律、保全など食関わる全体を担っている現在の生活には欠かせない業界です。

食品業界の現状

食品業界の現状としては、食品安全管理の問題や原材料価格の変動による値上げなどが問題となっています。

特に食品表示や生産者情報の誤表示などにより、ニュースに取り上げられることもあり、いかにして消費者が安心できるような安全管理をしていくかが求められています。また、原材料の価格変動や円安などによる価格高騰によるコストカット、少子高齢化社による売上現状など様々な問題を抱えています。

食品業界の動向・展望

食品業界の大きな影響としてTPPや多様化するニーズに合わせた商品の展開、マーケティング力が求められています。

TPPにより一部食品メーカーは、原材料価格の減少により、商品をより安く提供できますが、一方で価格上昇による売上減少の影響があるとされています。

新たな動向としては、さらに少子高齢化により、ニーズの多様化に対応したマーケティングや商品展開が必要とされてきます。それに合わせた最新の生産技術や商品や健康志向の食品なども期待できます。