農林水産業界とは?

農林水産業界とは

人間の衣食住に欠かない食品や建築などの木材伐採など、自然との共存を目的とした環境保全の役割を担う産業と言われています。

最近では、生産だけではなく、食品加工、流通の一連の流れを行う新しい業態も注目されている業界になります。

農林水産業界の現状は?

農林水産業の現状は、消費税増税から全体的に回復傾向にあります。

しかし、不規則な天候変動の影響を受けて、野菜を中心に生産量や質が落ち、価格高騰により売上が下降傾向にあります。また、原発の風評などの影響も徐々に少なくなり、東北地方の農林水産業も回復しつつあり、さらなる発展が期待されています。

農林水産業界の動向、展望

農林水産業界の動向として大きなキーワードがTPPと消費税10%の増税にあります。

TPPの影響により、海外の食品などに掛けられていた関税の撤廃や大幅引き下げにより、1000〜2000億円ほどの影響を受けるとされています。そのために、新たな救済措置や対策が期待されていますが、海外企業に負けないマーケティングや生産効率の上昇などの対策が必要となります。

また、1年後に控えている消費税増税もさらなる影響が予想されています。
業界全体の展望としては、今まで不可能であった魚介類などの養殖、生産の発達、海洋地帯での最新技術を用いた野菜の栽培やIT技術を利用した農業の導入で生産コストの削減などの新たな取り組みが期待されています。