繊維業界とは?

綿花、絹、麻などの天然繊維や

その他の化学繊維の原材料を加工、製造した素材や製品を販売している業界を指します。

主に製糸や織布、染色、縫製などのほかに石油を利用したナイロン、ビニロン、テトロンなどの合成繊維の加工、製造も行っています。日本の経済発展を支えてきた歴史のある業界と言えます。

繊維業界の現状

繊維業界全体を見ると衣料などに用いる繊維全体の需要が下降傾向にあり、航空機や自動車等に用いられる炭素繊維、セラミック、アラミド繊維などの化学繊維の製造や他事業へのシフトが大きく見られます。

主な他事業として電子関連や半導体などの繊維ノウハウを活かした事業展開を開始しています。

繊維業界の展望、動向

繊維業界全体が衣料繊維からの見直しをして、業界全体が大きく変化していくようになるでしょう。

衣料繊維で世界シェアを誇っている大手メーカーを除いて、従来の繊維ノウハウを用いた新たな動きが見られます。国内の航空機製造や宇宙産業への取り組みなども始まり、それに用いる炭素繊維の製造、新たな化学繊維の開発、カーボンナノファイバーなどの高機能素材繊維、ガラス繊維などを応用した製造の登場など業界の生き残りのための新たな取り組みが注目されています。

この業界のおすすめ企業