インフラ業界とは?

インフラ業界は、

電気、ガス、水道など国民の生活に必要なライフラインや電話、鉄道、道路、トンネル、テレビ、ラジオなどの経済発展に欠かせない設備や施設を運用、整備などをする企業を指します。

インフラの大きな特徴としては、国から許可がなければ事業を行えず、国の動きによって変動はありますが、安定した特殊な業界となります。

インフラ業界の現状

インフラ業界の現状としては、増税や電力不足、海外の景気横ばいなどの影響により下降傾向にありましたが、東京オリンピックやリニアモーターカー開通などの景気引き上げの要因もあり、公共事業や鉄道、道路やインターネット、電力などのエネルギー業で徐々に売上が上がる傾向にあります。

インフラ業界の動向、展望

今年のインフラ業界の大きな動きとして電力販売の自由化や北海道新幹線の開通などによる鉄道関連、電力を中心としたエネルギー関連に他業種からの参入や地域活発化などのプラスな働きが期待されています。

また、発展途上国の経済発展の一環としたインフラ整備や技術提供などの動きも積極的に行われており、国内だけではなく、海外の動きの変化も注目されています。インターネット事業では、クラウドを活用したサービスの登場やIT技術を応用した新たなシステムの開発も進んでいます。

この業界のおすすめ企業