官公庁業界とは?

官公庁業界とは、

国や地方公共団体の各役所を指し、中央省庁や裁判所、中央銀行など含む、各方面から国を支える仕事になります。一般的には公務員がこれに当てはまります。

役所の各公務員から警察官や裁判官、自衛官、公立公務員、国の研究機関の研究員などがあります。

官公庁業界の現状

官公庁業界の現状は、郵政民営化から始まった各役所や一部機関の民営化や公務員の定員の減少などグローバル化による競争に勝ち残るために経営の効率化を優先とした動きが進んでいます。

官公庁業界の動向、展望

官公庁業界の今後としては、海外の国際競争や東京オリンピックなどを控えている中で効率化を優先とした人員削減や民営化の動きがさらに活発化するとされています。