コンサル業界とは?

コンサル業界とは、

主に大企業などの経営や戦略または人事や会計などの顧客の抱える課題の対して改善案などを提示、コンサルティングを行う個人事業主や会社を指します。

中立的な立場からクライアントである企業に問題のあった要因を探し、解決案を提案することが大切になっています。現在、最も成長している業界の一つとなります。

コンサル業界の現状

コンサル業界の現状としては、グローバル化による国内企業の吸収合併や世界企業に対応するためにコンサルティングを利用する企業が増加していおり、市場規模で2000〜3000億にまで成長して、さらに市場規模が広がっています。

グローバル化による競争に勝ち残るための手段として、幅広い業界でコンサル会社などに依頼して、問題解決や企業成長に取り組んでいる現状です。

コンサル業界の動向・展望

コンサル業界の動向として、さらに海外進出や企業の吸収合併に伴って、国内のコンサル需要が高まるとされています。

需要が高まる一方で、よりスキルの高いコンサルティング能力をクライアント側が求めているので、コンサル会社も一部に絞られて、フリーや個人事業主として活躍する人材が登場してくるでしょう。