小売業界とは

小売業界とは製造、

流通、販売の一連の流れの中でメーカーや商社から卸した商品などを消費へ提供する業態となります。

主に、食品や雑貨や様々な店舗を扱うイオンなどの大型ショッピングモールや専門店の集まるアウトレットのような複合商業施設、メガネやスーツ、雑貨、衣服、商品など衣食住に関わる商品を扱う専門店、スーパーやコンビニエンストアなどが含まれます。

どんな仕事がある?

小売業界の主な仕事は、消費者と直接関わる接客や商品販売を行う現場や店舗全体の統括や運営を行う店長やエリアマネージャーなどの中間層、商品全体の商談や仕入れ、管理などを行うDMやバイヤー、店舗開発、商品開発などを担う本部などの多岐にわたる職種で構成されております。

メインは、消費者と関わる店舗での接客や商品販売となります。

小売業界の動向・展望

オリンピックの影響で景気が上向き傾向にあるものの、海外企業の日本進出や消費者ニーズの多様化、通販のサービス向きなどにより小売業界全体は厳しい状況となっています。

小売業界で求められるコミュニケーション力や商品知識だけでなく、多様化する消費者ニーズを掴むスキル、常に新しいサービスや業界変化に対応する力が必要となってきます。

さらにITなどの技術革新によるサービスの簡略化やインターネット通販などの買い物などの利用者が増加や少子高齢化のよる変化に対応したデリバリー、移動販売サービスなどの先を見据えたサービス展開が必要となってきます。