トラベル、航空、運輸業界とは?

航空業界とは、

主に飛行機などの航空機を使用して空輸を行う運輸業や一般向けの海外や国内旅行向けサービスとして利用するトラベル業が含まれています。基本的に国土交通大臣の許可がなければ、事業ができないのが大きな特徴となります。

運輸業は、その中でも運送業と倉庫業に分類され、鉄道や海運や航空がある中で主に航空に当てはまります。

トラベル、航空、運輸。それぞれの業界の現状

トラベル、航空業界の現状としては、中国人を中心ととした外国人観光客が増加しており、国内でも海外留学、旅行の利用者が徐々に回復傾向にあり、業界全体が上向きにあります。

その一方で格安航空会社の参入などにより、国内大手の航空会社も厳しい状態に立たされています。運輸業界は、海外輸出の増加の一方、原油などの変動に輸送コストや労働コストの問題があり、厳しい状態にあります。

トラベル、航空、運輸。それぞれの業界の動向・展望

トラベル、航空業界の今後として東京オリンピックに向けての外国人観光客の増加と国内各空港の国際便の増加による需要拡大が期待されています。国内各地の空港の増便に伴い、海外旅行利用者により、トラベル業界もプラスの影響があるとされています。

その一方で、次世代を担う操縦士不足による新たな人材育成やその環境作りが急がれています。

この業界のおすすめ企業