福祉業界とは?

福祉業界は、

高齢者や障がい者、子どもに対して福祉サービスを提供する業界のことを指します。
福祉サービスというと高齢者に対してのサービスをイメージしがちですが、身体、知的発達、精神に障がいを持つ人たちに対して、自立の支援、子どもたちの健やかな成長、経済的な面の問題から生活に困難な人をサポートしていく仕事も含まれます。

福祉業界の現状

福祉施設の中には、保護施設、老人福祉施設、障がい者支援施設、身体障がい者社会支援施設、児童福祉施設、有料老人ホーム等があります。

この中で最も施設数が多いのが児童福祉施設(保育所を含む)で全体の50%を超えます。次いで有料老人ホームが全体の約16%、2014年発表のものでは有料老人ホームが最も施設数が増えたカテゴリーとなっています。

福祉業界の動向、展望

日本では高齢化が進んでおり、全人口中に65歳以上が占める割合は2055年には約4割まで進むと言われています。

また、医療技術の進歩により死亡率の改善がもたらす介護の長期化、さらに介護する側の高齢化、いわゆる「老老介護」により在宅介護が困難になる等の影響による要介護認定者数の増加も続いており、今後ますます市場規模が拡大していくことは間違いありません。

この業界のおすすめ企業