外食業界とは?

外食業界とは、

レジャー施設や大型ショッピングモール内、小規模店舗まで仕入れた食品などで料理を消費者に提供する飲食店全体を指します。

主にファミリーレストランやファストフード、コーヒーショップなどの大規模外食チェーン店を中心に和食、中華、イタリアン、フレンチなどの洋食、カフェなどの個人も含まれます。食品仕入れから調理、提供まで一貫しておもてなしを消費者に提供している業界です。

外食業界の現状

外食業界の現状は、大型外食チェーンを中心に休日出勤や長時間勤務などの労働問題や商品衛生管理の不備などによる問題が浮き彫りとなっており売上が低迷しています。

また、食べログやホットペッパーなどのアプリや口コミサービスの登場や誰でも情報を得ることできるようになり、消費者の求めている外食に対するニーズの多様化やオーガニックなどの食に対する関心が変わり、中規模、小規模の外食や個人店に拡散しつつあります。

外食業界の動向・展望

スマートフォンの登場で、口コミサイトやSNSなどによってより質の高い情報を誰もが手に入れるようになっているために一定の美味しさやサービスがウリとなっていた大型外食チェーンからさらに個人店へとニーズが多様化していくと考えられます。

また、海外企業の進出やマニュアルや単純作業の機械化により、労働環境が改善されていく一方でニーズを掴む力や変化しつつある食に対する考えやあり方を捉えていくことが労働者に求めてられていきます。
景気回復の流れもあり、業界全体では利益が上がる予想ですが、M&Aによる中小企業の吸収・合併や2017年に控えている消費税増税などにより厳しい状態が続くとされています。

新しい変化も?

少子高齢化社会により、高齢者のデリバリーなどの宅配などの外食需要の伸びや単身世帯や共働き世帯に向けた通販などで簡単に注文ができるデリバリー技術革新により期待されています。

この業界のおすすめ企業