材料業界とは

材料業界とは、

様々な材料を購入して加工、製造した材料を他産業に販売することで収益を得ている業界になります。

様々な業界の基礎となっており、鉄鋼やセメント、紙・バルブ、半導体などの製造の基盤を担っています。紙、プラスチック、石油製品などの材料製造が身近な業界と言えます。

材料業界の現状

材料業界の現状としては、円安などの素材となる材料価格の上昇や海外の労働の低コスト化により、国内全体で吸収合併や倒産など厳しい状態となっています。

以前まで中国市場や労働コスト削減ために海外工場を利用していましたが、景気下降や労働コストの上昇により、業界全体で大きな打撃を受けています。

材料業界の展望、動向

材料業界の動向として、コストカットのためも最新の製造機械システムの導入や生産ラインの改善、新しい原材料の開発などの取り組みが進んでいます。

国内ではなく、東南アジアを中心としたアジア圏での新たなシェア獲得のための海外動向も注目されています。

国内が縮小傾向にある中で少子化による働き手不足の改善のために労働環境の整備も急務とされています。