医薬業界とは

医薬業界とは、

病院などで使用される医療用医薬品やドラックストアで販売されている一般医薬品などの研究開発、製造、販売を行っているメーカー、商社などを指します。

ジェネリック医薬品の登場以降、低価格で多くの患者が利用できるようになりました。製造や販売、特許管理や保全、販売に伴う広告などマーケティングも行う総合製薬メーカーもあります。人々の健康には欠かせない業界になります。

製薬業界の現状

医薬業界の現状としては、急激な高齢化による病院の通院者などの増加により需要が増えています。

業界規模は10兆円超で世界2位の医薬品市場となっています。その一方で、製薬品メーカーを中心に競争が激化しており、国内の吸収合併が進んでいます。
また、通販などの医療品販売の緩和や、他業種からの参入などにより、安定状態に見えて、全体的に厳しい状態にあります。

医薬業界の動向、展望

医薬業界の動向として、国内のさらなる吸収合併に進むとされています。

大手メーカーを中心に研究開発や新しい技術による製造コストの削減など利益追求と業界の生き残りのために動きが活発化してきています。

これからの展望としては、高齢化に伴って、多くの消費者に手軽に医薬品が届くような配送システムや訪問販売、通販などの新しいサービスが登場していくと考えられています。また、今後の薬事法改正により、医薬品のあり方、販売方法自体が大きな変化が期待されています。