化学業界とは

化学業界とは、

石油や石炭、金属、繊維など様々な原材料を化学反応させて、新たな材料を生産する業界になります。

主に、化学的な処理を製造過程とする事業とその化学反応により得られた物質の混合や完成までの最終処理を行う事業に分かれます。

石油、石炭を原材料としてこれらの精製や混合、抽出して潤滑油、練炭などを生み出したり、その材料から石油、石炭製品を生み出す会社やプラスチック製造、革製品、ガラスやセメント、陶芸器などの製造会社も含まれます。

化学業界の現状

化学業界の現状である、大きな問題が原材料の高騰にあります。

原材料のほとんどを輸入に頼っているために原材料高騰により、製品自体のコストも上がり、買い手が思うように見つからないのが現状です。また、グローバル化による競争に生き残るために労働コスト削減で労働者の環境悪化で人手不足となってきています。

化学業界の展望、動向は?

化学業界の展望・動向として大きなポイントは、原油価格の下落にあります。

アメリカのシェールオイルの生産開始やイラクの経済制裁解除による原材料の輸出入再開により、石油を中心として生産コストの減少が期待されています。ただ、労働コストの安い東南アジアへの工場移転などにより、海外進出が進む一方、日本全体の生産が下降傾向にあり、業界全体でコストカット、売上減少、人手不足など厳しい状態は続くとされています。