化粧品業界とは

化粧品業界は、

化粧品の製造〜販売まで携わるメーカー、販売店などを主に指します。

製造〜販売までを一連して行う資生堂、花王など総合会社やファンケルやマンダムなどの特化したブランドを扱うタイプの会社、ドラックストアや百貨店専売店、通販などの販売を行う会社も含まれます。

化粧品業界の現状

化粧品業界の現状は、国内ブランドやメーカーなどが乱立する飽和状態となっており、少子高齢化や景気変動の影響により、業界全体の売上が頭打ち状態にあります。

また、異業種の特化した技術を生かした化粧品ブランドや海外ブランドの業界参入により、さらに国内シェアを争っている状況にあります。

化粧品業界の動向・展望

化粧品業界の今後の動向・展望は、多様化する消費者ニーズや急成長している通販業態に合わせたニッチなサービス展開や商品開発が求められてきます。

スマートフォンの普及により、通販による化粧品ニーズが急激に増加しており、高品質でコスパの良い化粧品やこれに対応したサービスが登場しつつあります。店舗販売だけではない、新しいニーズを掴むマーケティング力、発信力が特に必要となってきます。